【第51回】2019年1月試験(学科専門試験)問5(気温ガイダンスによる数値予報の誤差軽減)

問5

気象庁の気温ガイダンスによって数値予報の誤差軽減が期待される具体例について述べた次の文 (a) 〜 (c) の正誤の組み合わせとして正しいものを、下記の1〜5の中から1つ選べ。

(a) 数値予報のモデル地形の分解能が粗いため、小さな島のある地点がモデル地形では海となっている。このためその地点の気温の日変化が実際よりも小さく予測された。気温ガイダンスはこの誤差を軽減することが期待される。

(b) 数値予報のモデル地形で谷を解像できないため、急峻な谷の中のある地点のモデルの標高が現実よりも高くなっている。このため、逆転層のないときのその地点の気温予測が実際よりも低くなった。気温ガイダンスはこの誤差を軽減することが期待される。

(c) 数値予報モデルが寒冷前線の進行を現実よりも遅く表現したため、前線通過後の寒気移流によるある地点の気温低下の予測が実際よりも遅くなった。気温ガイダンスはこの誤差を軽減することが期待される。

   





解説
てるるん

解説は順次更新していくから待っててね!
早く解説してほしい問題があったらお問い合わせから依頼してね!

ここに書いてあるよ
¥3,080 (2024/05/08 09:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

書いてある場所:(順次更新予定)


\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

書いてある場所:(順次更新予定)

備考

試験問題は「一般財団法人 気象業務支援センター」様の許可を得て掲載しています。

当記事の解説は「一般財団法人 気象業務支援センター」様とは無関係ですので、情報の誤りや不適切な表現があった場合には、お問い合わせからご連絡ください。

また、当記事に掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!