【第51回】2019年1月試験(学科一般試験)問2(太陽放射量と長波放射量の年・経度平均の緯度分布)

問2

地球が吸収する単位面積あたりの太陽放射量 (以下単に「太陽放射量」という。) と地球から出ていく単位面積あたりの長波放射量 (以下単に「長波放射量」という。) の年・経度平均の緯度分布について述べた次の文 (a) 〜 (d) の正誤の組み合わせとして正しいものを、下記の1〜5の中から1つ選べ。

(a) 赤道においては、太陽放射量は長波放射量よりも大きい。

(b) 北緯80°においては、太陽放射量は長波放射量よりも大きい。

(c) 赤道における長波放射量は、北緯80°における長波放射量よりも大きい。

(d) 赤道と北緯80°における太陽放射量の差の大きさは、赤道と北緯80°における長波放射量の差の大きさよりも大きい。

   





解説
てるるん

解説は順次更新していくから待っててね!
早く解説してほしい問題があったらお問い合わせから依頼してね!

ここに書いてあるよ
¥3,080 (2024/05/08 09:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

書いてある場所:(順次更新予定)


書いてある場所:(順次更新予定)

備考

試験問題は「一般財団法人 気象業務支援センター」様の許可を得て掲載しています。

当記事の解説は「一般財団法人 気象業務支援センター」様とは無関係ですので、情報の誤りや不適切な表現があった場合には、お問い合わせからご連絡ください。

また、当記事に掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!