【第51回】2019年1月試験(学科専門試験)問11(台風に伴う高潮、高波)

問11

台風に伴う高潮、高波について述べた次の文 (a) 〜 (d) の正誤について、下記の1〜5の中から正しいものを1つ選べ。

(a) 台風が接近して気圧が低くなると海面が持ち上がることを「吸い上げ効果」と言い、気圧が1hPa低くなるごとに海面は約1cmずつ上昇する。

(b) 台風に伴う風が沖から海岸に向かって吹くときに、海水が吹き寄せられ海岸付近の海面が上昇することを「吹き寄せ効果」と言う。吹き寄せによる海面の上昇は風速に比例する。

(c) 台風が接近するとき、台風の中心付近および予想進路の右側に位置し、風の吹いてくる方向に開いている港湾は、高潮災害に対する警戒が特に必要である。

(d) 台風域で発生した波浪のうち、うねりは、波⻑が⻑く減衰しにくいため遠く離れた海域まで伝播するので、台風が遠方にある場合でもうねりに対する警戒が必要である。

   





解説
てるるん

解説は順次更新していくから待っててね!
早く解説してほしい問題があったらお問い合わせから依頼してね!

ここに書いてあるよ
¥3,080 (2024/05/08 09:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

書いてある場所:(順次更新予定)


\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

書いてある場所:(順次更新予定)

備考

試験問題は「一般財団法人 気象業務支援センター」様の許可を得て掲載しています。

当記事の解説は「一般財団法人 気象業務支援センター」様とは無関係ですので、情報の誤りや不適切な表現があった場合には、お問い合わせからご連絡ください。

また、当記事に掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!