【第51回】2019年1月試験(学科専門試験)問15(3か月予報)

問15

表Aは、3か月予報における3か月平均気温の予報であり、表Bは、この期間の平年並の範囲を表している。これらについて述べた次の文 (a) 〜 (c) の正誤の組み合わせとして正しいものを、下記の1〜5の中から1つ選べ。ただし、平年並の範囲は、過去30年間 (1981〜2010年) の出現率が、気温の低いほうから33%〜67%をさし、これをその期間の平均値からの差で表している。

(a) 気温が「高い」になる可能性は、⻄日本のほうが東日本よりも大きい。

(b) 気温が平年差+0.2℃を上回る可能性は、沖縄・奄美のほうが⻄日本よりも大きい。

(c) 平年並の範囲を算出するデータの中に極端な高温の年があり、極端な低温の年はない場合、平年並の範囲は、東日本のように、平年差が正の範囲 (東日本では0.4℃) のほうが負の範囲 (東日本では0.1℃) よりも大きくなる。

3か月予報における3か月平均気温の予報
   





解説
てるるん

解説は順次更新していくから待っててね!
早く解説してほしい問題があったらお問い合わせから依頼してね!

ここに書いてあるよ
¥3,080 (2024/05/08 09:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

書いてある場所:(順次更新予定)


\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

書いてある場所:(順次更新予定)

備考

試験問題は「一般財団法人 気象業務支援センター」様の許可を得て掲載しています。

当記事の解説は「一般財団法人 気象業務支援センター」様とは無関係ですので、情報の誤りや不適切な表現があった場合には、お問い合わせからご連絡ください。

また、当記事に掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!