【第51回】2019年1月試験(学科専門試験)問4(数値予報モデルの物理過程)

問4

気象庁の数値予報モデルの物理過程について述べた次の文 (a) 〜 (d) の正誤の組み合わせとして正しいものを、下記の1〜5の中から1つ選べ。

(a) 大気中における降雪の融解や降水の蒸発の効果は予測結果への影響が小さいことから、数値予報モデルでは計算されていない。

(b) メソモデルは格子間隔が5kmであり、個々の積雲の振る舞いを十分表現できることから、積雲対流パラメタリゼーションは使われていない。

(c) 積雪の有無は地上気温に大きな影響を与えることから、数値予報モデルにおける積雪の有無が現実と異なる場合、地上気温の予測における誤差の原因となりうる。

(d) 大気境界層過程では、境界層中にある様々な渦による、運動量・熱・水蒸気の輸送の効果を扱う。これらの効果は定常的であり日変化は小さい。

   





解説
てるるん

解説は順次更新していくから待っててね!
早く解説してほしい問題があったらお問い合わせから依頼してね!

ここに書いてあるよ
¥3,080 (2024/05/08 09:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

書いてある場所:(順次更新予定)


\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

書いてある場所:(順次更新予定)

備考

試験問題は「一般財団法人 気象業務支援センター」様の許可を得て掲載しています。

当記事の解説は「一般財団法人 気象業務支援センター」様とは無関係ですので、情報の誤りや不適切な表現があった場合には、お問い合わせからご連絡ください。

また、当記事に掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!